シャフト選びもゴルフのスコアに大きく影響する要素です

アドレスからスイングまでの時間はゴルフの結果と関係があります

シャフト選びもゴルフのスコアに大きく影響する要素です
ゴルフに行くと、アドレスに入ってから球を打つまでの時間がすごく長い人がいます。良いショットを打ちたいという気持ちは分かります。集中力を高めようとしていることもよく分かります。しかし、長い時間をかければかけるほど、集中力が高まり、良いショットに繋がるという訳ではありません。アドレスからスイングまでの時間とナイスショットとの関係は別のところに有るのです。

アドレスからスイングまで長い時間を掛けてしまうと、それだけいろいろなことを考えてしまいます。実は、それは集中を妨げることに繋がっているのです。更に、緊張感も増していきます。そのことによって余計な力が入ってしまうこともあります。ですから、結果的には逆効果になることも多いのです。アドレスからスイングまでの時間で、大切なことは、いつも同じ時間を掛けるということです。そうすることで、いつも同じ気持ちでショットを打つことが出来るようになります。そして、それは、ショットの安定にも繋がります。つまり、長い時間を掛けるのではなく、いつも同じ時間を掛けるという事がアドレスからスイングまでの時間を考える時に大切なことなのです。そしてその時間を意識して、練習の時から実践することが必要なのです。

Copyright (C)2017シャフト選びもゴルフのスコアに大きく影響する要素です.All rights reserved.